白鳥公園(涛沸湖白鳥公園野鳥観察舎)

濤沸湖の湖畔にある白鳥観察のポイント/はくちょうこうえんとうふつこはくちょうこうえんやちょうかんさつしゃ
開催場所:
白鳥公園(白鳥公園野鳥観察舎)
099-3112 北海道網走市北浜203-3地先
駐車場:
19台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
女満別空港から25km
アクセス(電車):
JR釧網線北浜駅から徒歩10分
営業時間:
濤沸湖水鳥・湿地センターは9:00~17:00
休業日:
濤沸湖水鳥・湿地センターは月曜(祝日の場合は翌日)、12月31日~1月5日休
料金:
無料
TEL:
0152-46-2400
詳細情報:
http://tofutsu-ko.jp/outline/
ラムサール登録湿地となった濤沸湖(とーふつこ)にある白鳥観察のポイント。10月中旬の初飛来日から北帰行が始まる4月中旬までの半年間、50年にもわたって雨の日も、吹雪の日も時化(しけ)の日も家族で毎日白鳥に餌を与えて続けて来たのが漁師、日下部正幸さん。当初、白鳥たちは、秋の南下と春の北上途中の羽休めに濤沸湖に立ち寄るだけだったが、その間、日下部正幸さんは、毎日熱心に給餌を続けた。餌を与えているうち、数は年々増加。いつの間にか、白鳥公園と呼ばれるようになり、網走市も濤沸湖で唯一の観光スポットとして湖畔を整備したのだ。濤沸湖水鳥・湿地センターも設置され、流氷観光とともに冬のオホーツク観光の名物として、1日に観光バスが何台も立ち寄るまでになった。濤沸湖水鳥・湿地センター内の展示室ではラムサール条約、濤沸湖の自然や野生生物を解説。【ミュージアム】【自然観察】
問合わせ・連絡先
濤沸湖水鳥・湿地センター
電 話:0152-46-2400