止別駅

大正時代の駅舎は映画のロケにも使われた/やむべつえき
開催場所:
止別駅
099-3454 北海道斜里郡小清水町止別1
駐車場:
20台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
大正14年開業の釧網本線の駅。建物は創業当時のもので、鈴井貴之監督映画『銀のエンゼル』のロケ地となっている。現在は無人駅となっており、旧駅長事務室で「ラーメンきっさえきばしゃ」が営業している。駅名は「やむべつ」と読むのが正しい。駅近くに「私鉄北見鉄道分岐点跡石碑」が立っているが、昭和5年に開業した北見鉄道は昭和12年に止別駅前に乗り入れた(昭和14年廃止)。止別とは、アイヌ語のヤム・ペッ(冷たい・川)というのが通説だが、アイヌ語で冷たい川はヤム・ワッカであることから、ヤ・ワ・アン・ペツ(ya-wa-an-pet=内陸の方・に・ある・川)に由来すると推測される。【鉄道】【ロケ地】