レストラン「バードパル」

道の駅スワン44ねむろ併設の展望レストラン/れすとらんばーどぱる
開催場所:
レストラン「バードパル」
086-0073 北海道根室市酪陽1
駐車場:
70台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
営業時間:
4月~10月は11:00~15:30(オーダーストップ15:00)、11月~3月は11:00~14:30(オーダーストップ14:00)
休業日:
5月~10月は無休、11月~4月は月曜(祝日の場合は翌日)、12月30日~1月5日休
TEL:
0153-25-3055
FAX:
0153-25-3058
道の駅スワン44ねむろのレストラン。風蓮湖を眺める展望レストランになっており、地産地消にこだわって根室産のカキを使った定食や根室発祥のB級グルメ「エスカロップ」などが味わえる。「北の恵み愛食レストラン」認定メニューとしては根室の特産物のサンマを使った「秋刀魚づけ丼」、「鹿肉竜田揚げ定食」(鹿肉はももの部分を使用)、根室湾中部漁業協同組合産カキ使用(通称「湾中カキ」)の「カキフライ定食」(カキフライ6~7個)。湾中カキはぷりぷりでジューシー。カキフライにすると最高に美味しい。注目の「エスカロップ」は、タケノコ入りバターライスの上にトンカツをのせてデミグラスソースをかけた根室市のB級グルメ。といって新たにつくったメニューではなくソウルフード。語源はフランス語の「エスカロープ(escalope=肉の薄切り)で、昭和39年頃、根室市内にあった洋食店「モンブラン」のシェフが考案し、昭和50年代に急速に普及した。考案当初は仔牛肉を使ったビーフカツのソテーをナポリタンスパゲティーの上にのせて、デミグラスソースをかけたものだったがビーフカツが高価なためトンカツに変わった。さらにスパゲティーがケチャップライスに変化し、タケノコ入りバターライスへと替わった。根室市民は「エスカ」といって親しんでいる。【グルメ】【地産地消】【ローカルフード・B級グルメ】
問合わせ・連絡先
レストラン「バードパル」
電 話:0153-25-3055