相泊温泉

昆布漁の漁師が利用する小屋掛けの温泉/あいどまりおんせん
開催場所:
相泊温泉
086-1806 北海道目梨郡羅臼町相泊
駐車場:
6台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
根室中標津空港から道道69号を中標津市街へ5km、左折して国道272号を18km、突当りを右折、国道244号を5.2km、直進して国道335号を羅臼へ43.7km、さらに直進して道道87号を終点まで23km
アクセス(電車):
阿寒バス羅臼営業所から相泊行きで45分、終点下車、すぐ
営業時間:
入浴自由
休業日:
6月~9月中旬開設、期間中24時間開放
料金:
無料
知床半島羅臼側の道道終点、相泊(あいどまり)集落にあり、昆布漁を営む地元の人が採掘した、海岸に湧く温泉。7月~9月の漁期には、玉石の浜に小屋掛けもできる。湯船の底から湧き出した温泉につかり、オホーツク海を目の前に眺めながら入浴が楽しめる(消波のテトラポットがある)。建物中央の板で、男女別に分けられてはいるが、海側からは丸見えなので、日中の女性の入浴には少々勇気が要る。泉質は食塩泉で、入浴自由。ちなみに一帯の海域(羅臼町ではルサ川から半島先端部)は世界自然遺産に登録されている。つまり、相泊温泉は世界遺産のなかに湧く秘湯ということに。【温泉】【世界遺産】