コッタロ湿原

釧路湿原でもっとも原始性が保たれたエリア/こったろしつげん
開催場所:
コッタロ湿原
085-1388 北海道川上郡標茶町コッタロ1-1
駐車場:
10台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
釧路空港から1.5km、右折して国道240号を7.5km、国道38号、国道44号と経由して15.6km走り、木場3交差点を左折、国道391号を23km、左折して道道1060号クッチョロ原野塘路線に入り6km
アクセス(電車):
JR塘路駅から徒歩45分
ラムサール条約にも登録される日本一広大な湿原、釧路湿原のなかで、もっとも原始性が高いエリアがコッタロ湿原。国立公園の特別保護地区に指定されている。湿原を横断する道道1060号沿いの高台に展望台が設けられ眼下に湿原を見下ろすことができる。タンチョウを観察できる可能性も高いので、双眼鏡は必携だ。このあたりの川には、幻の魚、イトウも棲息する。階段で丘に上る展望台の入口にはトイレも用意されている。【展望台】【自然観察】