有珠山ロープウェイ

有珠山頂へと登るロープウェイ/うすざんろーぷうぇい
開催場所:
有珠山ロープウェイ
052-0120 北海道有珠郡壮瞥町滝之町185-5
駐車場:
400台
駐車場料金:
1日410円
駐車場マップ:
アクセス(車):
道央自動車道伊達ICから国道37号を右折4km、国道453号を右折4km、道道703号洞爺湖公園線に右折3km
アクセス(電車):
JR洞爺駅前から道南バス洞爺湖温泉行きで25分、終点下車、道南バス昭和新山行きに乗り換えて15分、終点下車
営業時間:
5月~9月中旬は8:15~17:45に15分間隔で運行、その他の期間は短縮
休業日:
点検期間休
料金:
往復大人1500円、小人750円
TEL:
0142-75-2401
FAX:
0142-73-3113
詳細情報:
http://wakasaresort.com/usuzan/
昭和新山とともに「日本の地質百選」に選定され、世界ジオパーク(洞爺湖有珠山ジオパーク)にも登録の活火山が有珠山(うすざん)。今なお白煙を上げる有珠山には、ロープウェイが架けられている。山麓駅から山頂駅までの1370mを、時速18km、所要6分で結ぶ。山頂駅の脇にあるのが洞爺湖展望台。洞爺湖や、昭和新山の大パノラマが眼下に広がり、黒っぽい有珠山が間近に迫る大迫力だ。山頂駅到着後、徒歩7分ほど歩けば、火口原展望台。すり鉢状の火口(銀沼大火口)がさらにくぼみ、周囲の木々が立ち枯れている様子が眺められる。右手には、昭和52年にできた有珠新山も観察できる。火口原展望台から外輪山に沿って階段状の遊歩道が続いているが、これが「外輪山遊歩道」で、反対側の有珠山外輪山展望台(有珠登山道合流地点)まで1.1km、片道30分のコース。ただし一般的には往復することになり、アップダウンもあって結構ハードな道のりとなる。ちなみに荒涼たる銀沼大火口は、昭和52年~昭和53年の山頂部のマグマ水蒸気爆発で、カルデラ内の池・銀沼が火口へと姿を変えたもの。それまでは銀沼周辺に緑が広がり、ハイカーの憩いの地だったが、想像がつかないほどに変貌している。まさに大地の科学館だ。【火山地形】【ジオパーク】【ゴンドラ・ケーブルカー】【自然観察】【ハイキング・トレッキング】
問合わせ・連絡先
有珠山ロープウェイ
電 話:0142-75-2401