フレトヒチャシ跡

千歳神社境内にアイヌの砦跡が/ふれといちゃしあと
開催場所:
フレトヒチャシ跡
066-0046 北海道千歳市真町1
駐車場:
20台(千歳神社駐車場)
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
道央自動車道千歳ICから約2.6km(6分)
アクセス(電車):
JR千歳駅から徒歩22分
千歳川の河岸段丘上に建つ千歳神社本殿横にあるアイヌのチャシ(砦)跡。フレトヒ(フレドイヒ)とはアイヌ語で赤い土のこと。かつてこの地に山崩れがあり、往時には赤土が露呈していたらしい。山崩れでできた土が流れて焼尻島に、あるいは利尻島になったという伝承も遺されているが山崩れの記録は残されていない。ちょうど千歳川が平野部に出る末端、川を眼下にする位置にあり、漁場を監視する機能も有していたと推測できる。青葉公園との境、裏参道・女坂あたりはロウサン(道が川へ出て行く所)という地名で、和人とアイヌとの交易が行なわれていた十六場所のひとつ。【城跡】