札幌市円山動物園

緑豊かな動物園で動物たちを観察/さっぽろしまるやまどうぶつえん
開催場所:
札幌市円山動物園
064-0959 北海道札幌市中央区宮ヶ丘3
駐車場:
683台(第一駐車場)
駐車場料金:
1回700円/2月~10月は9:00~1
駐車場マップ:
アクセス(車):
札樽自動車道札幌北ICから国道5号経由、約10km
アクセス(電車):
地下鉄円山公園駅からJRバス動物園前行きで5分、動物園前下車すぐ
営業時間:
2月~10月は9:00~17:00(入園は16:30まで)、11月~1月は9:00~16:00(入園は15:30まで)
休業日:
12月29日~12月31日休
料金:
大人600円、中学生以下無料
TEL:
011-621-1426
FAX:
011-621-1428
詳細情報:
http://www.city.sapporo.jp/zoo/
アイヌ語でモ・イワ(mo-iwa=小さい山)と呼ばれた(藻岩山は後世の人が誤って命名)円山の丘陵を利用して造られた北海道最大規模の動物園。昭和25年、上野動物園の移動動物園を開催したことで「札幌市に動物園を」という気運が高まり、昭和26年に開園。スタート時に飼育展示されていた動物はヒグマ2頭とエゾシカ、オオワシというわずかに3種4点。それでも市民たちは動物園に期待し多くの動物を持ち寄って数ヶ月で50種100点以上となるというまさに札幌市民の熱意で誕生した施設。冬季も開園し、雪を背景にゾウやキリンを観察できるのもこの動物園ならでは。「熱帯動物館」、「類人猿館」、「エゾシカ・オオカミ舎」、「エゾヒグマ館」、「は虫類・両生類館」、「わくわくアジアゾーン」など現在では展示も多種多様。実際に動物たちとふれあえる「こども動物園」 (リスザルドーム、ドサンコの森、ビーバーの森)には、ヤギやヒツジを屋内で観覧できる施設、ウサギ、モルモットと触れ合うためのスペースがある。飼育員がホッキョクグマにエサを与えながら、生態などを解説するような「みんなのドキドキ体験」も毎日用意されているのでお見逃しなく。喫茶・食堂も、 「Zoo Cafe」、「ネイチャーカフェ・アース」、「オフィシャルステーション」、「ファミリーショップもりやま」と多彩。セブン-イレブン札幌円山動物園店などコンビニもあるのがユニークだ(園内から入店し、また動物園に戻ることが可能)。「オフシャルショップ」、「オフィシャルステーション」では様々なグッズを販売している。【動物園・水族館】
問合わせ・連絡先
札幌市円山動物園
電 話:011-621-1426