碧血碑

土方歳三ら旧幕府軍の霊を慰める碑/へっけつひ
開催場所:
碧血碑
040-0046 北海道函館市谷地頭町1
駐車場:
駐車場マップ:
アクセス(車):
函館空港から道道63号・国道278号を函館方面に8km走った函館駅前交差点を左折、国道279号を1.5km走った十字街交差点を左折、2km走った先を妙心寺方面に右折し500m
アクセス(電車):
JR函館駅前から函館市電谷地頭行きで12分、終点下車、徒歩15分
TEL:
0138-27-3535
箱館戦争で死亡した、新撰組副長・土方歳三、中島三郎助父子をはじめ約800人の旧幕府脱走軍戦死者の霊を弔うために函館山の麓に建立された碑。碧血とは、「義に殉じて流した武人の血は3年たつと碧色になる」という中国の『荘子』外物篇の記述「萇弘死于蜀,藏其血三年而化為碧」から。碑石は、7回忌にあたる明治8年、大鳥圭介や榎本武揚らの協賛を得て、東京から船で伊豆産の石を運んだ。明治初期に賊軍であった旧幕府軍の霊を弔うためには新政府への配慮と大きな英断があったと想像される。6月25日には碑前祭が行なわれている。

問合わせ・連絡先
函館国際観光コンベンション協会
電 話:0138-27-3535