函館市営熱帯植物園

温泉熱を利用した植物園で熱帯を体感/はこだてしえいねったいしょくぶつえん
開催場所:
函館市営熱帯植物園
042-0932 北海道函館市湯川町3-1-15
駐車場:
144台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
函館空港から道道63号・国道278号を函館方面に2.4km走った先を左折、すぐ
アクセス(電車):
JR函館駅前から函館市営バス函館空港行き、日吉営業所方面行きで17分、熱帯植物園前下車、徒歩3分
営業時間:
4月~10月は9:30~18:00、11月~3月は9:30~16:30
休業日:
12月29日~1月1日休
料金:
大人300円、小・中学生100円、未就学児童は無料
TEL:
0138-57-7833
詳細情報:
http://www.hako-eco.com/
湯の川温泉の豊富な温泉を利用した植物園。敷地内に10本の源泉があり、その温泉熱を熱帯植物の育成に活用している。温室ではバナナやパイナップルなどなじみのものから、珍しいパンの木、アイスクリームの木など熱帯性の植物、約300種3000本を栽培。また、ニホンザル、アライグマ、セキセイインコなども飼育され、間近に見ることができる。冬(12月~4月頃)には北海道には野生種がいないニホンザルが温泉につかる様子も見られ人気となっている。園内には足湯、温泉熱を利用した「ぬくもりベンチ」もあってくつろぐことができる。【植物園】
問合わせ・連絡先
函館市営熱帯植物園
電 話:0138-57-7833