函館市北方民族資料館

重要文化財のアイヌ民俗資料を展示する/はこだてしほっぽうみんぞくしりょうかん
開催場所:
函館市北方民族資料館
040-0053 北海道函館市末広町21-7
駐車場:
93台(元町観光駐車場/広場式41台・立体式52台)
駐車場料金:
1時間まで200円、以降30分ごとに10
駐車場マップ:
アクセス(車):
函館空港から道道63号・国道278号を函館方面に8km走った函館駅前交差点を左折、国道279号を2km走った先が市営元町観光駐車場
アクセス(電車):
JR函館駅前から函館市電函館どっぐ前行きで7分、末広町下車、徒歩1分
営業時間:
4月~10月は9:00~19:00、11月~3月は9:00~17:00
休業日:
12月31日~1月3日休、館内整理のための臨時休あり
料金:
大人300円、小・中・高・大学生150円、函館市文学館、重要文化財旧函館公会堂、函館市旧イギリス領事館との共通券は2館で大人500円、小・中・高・大学生250円、3館で大人720円、小・中・高・大学生360円、4館で大人840円、小・中・高・大学生420円
TEL:
0138-22-4128
FAX:
0138-22-8874
詳細情報:
http://www.zaidan-hakodate.com/hoppominzoku/
大正15年に建てられた旧日本銀行函館支店の建物を再生した資料館。北方の風土に根ざし、伝統的な固有の文化を有する北方民族の貴重な資料・民具などを展示している。なかでもアリュート族のラッコ猟に使われた皮舟(カヌー)は、3人乗り用としては現存する世界唯一のもの。明治12年~明治19年にかけて篤志家や開拓使が収集した資料をはじめ、北方民族学の権威、馬場脩氏やアイヌ民族資料の収集、調査で知られる児玉作左衛門のコレクションなど約350点を展示。アイヌ民族資料は世界的にも学術的にも価値の高い資料として、国の重要文化財に指定されている。ちなみに明治時代後期から昭和初期にかけて、函館の金融街は末広町にあり、日本銀行函館支店もこの地に建てられた。【ミュージアム】【建築】
問合わせ・連絡先
函館市北方民族資料館
電 話:0138-22-4128