大沼公園

大沼湖畔にあり島をつなぐ遊歩道が完備/おおぬまこうえん
開催場所:
大沼公園
041-1354 北海道亀田郡七飯町大沼町
駐車場:
150台(南大沼公共駐車場、8:30~17:00)
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
函館空港から道道63号を経て、国道278号を函館方面に8km、函館駅前で右折、国道5号を23km、大沼トンネルを抜けたら右折、道道338号を3.5km
アクセス(電車):
JR大沼公園駅下車、徒歩5分
営業時間:
入園自由
TEL:
0138-67-3020
標高1133mの秀麗駒ヶ岳をバックに、大沼、小沼、蓴菜沼(じゅんさいぬま)が広がる国定公園。アイヌ語のポロ・ト(poro-to=大きな・沼)、ポン・ト(pon-to=小さい・沼)が語源。北海道には珍しい箱庭的美しさで、大正4年には新日本三景に選ばれている。大沼、小沼、蓴菜沼は、駒ヶ岳の噴火によってできた湖で、湖面には126もの島が浮かび、18の橋が架かっている。変化に富んだ景色を楽しむためには、島々を結ぶ遊歩道を歩きたい。春なら水芭蕉、夏ならスイセンが開花し、紅葉の時期も美しい。「千の風になって」名曲誕生の地(新井満氏が大沼の別荘滞在中に作曲)ということもあり、公園の一角にはモニュメントがある。【絶景】
問合わせ・連絡先
七飯大沼国際観光コンベンション協会
電 話:0138-67-3020