松前城跡

北海道で唯一の和式城郭/まつまえじょうあと
開催場所:
松前城跡
049-1511 北海道松前郡松前町松城
駐車場:
50台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
函館空港から道道63号を経て、国道278号を函館方面に、湯川温泉の交差点を右折、道道83号から571号をを経由して5km、さらに直進して国道228号に入る、松前方面に95km
アクセス(電車):
JR木古内駅から函館バス松前バスターミナル行きで1時間29分、松城下車、徒歩5分
営業時間:
入園自由、松前城資料館(天守閣)は9:00~17:00(入館は16:30まで)
休業日:
松前城資料館(天守閣)は4月10日~12月10日開館、期間中無休
料金:
松前城資料館(天守閣)は大人360円、小・中学生240円
TEL:
0139-42-2216
松前から上ノ国にかけては、北海道では最初に和人が定住した場所で、松前という地名はアイヌ語の「マツ・オマ・イ」(婦人・居る・ところ=永田地名解)に由来。つまり、先住民であるアイヌが住む地に、和人の女性が共存したという珍しい状況を表している。松前城は福山城とも呼ばれた、北海道で唯一の和式城郭。中世には現在の上ノ国町の夷王山に山城があったが津軽に近いという理由などから1854(安政1)年に近世的な城郭である松前城を完成させる。城下町、寺町なども整備するが現存するのは本丸御門と寺町の一部のみ。新政府軍についた松前藩は旧幕府軍の攻撃で城も落城し、城下に火を放って敗走した。天守閣は昭和36年に再建されたもので、内部は松前城資料館となっている。2階に展示されている松前屏風は、全盛期の松前の様子を描いたもので、北海道指定有形文化財の指定を受けている。3階の展望台からは、津軽海峡を眺望する。また松前は桜の名所としても名高く、周辺の松前公園では、250種1万本もの桜が咲き誇る。「福山(松前)城と寺町」として北海道遺産にも登録。【日本100名城】
問合わせ・連絡先
松前城・松前城資料館
電 話:0139-42-2216