旧函館区公会堂

舞踏会にも使われた明治の洋館は国の重文/きゅうはこだてくこうかいどう
開催場所:
旧函館区公会堂
040-0054 北海道函館市元町11-13
駐車場:
93台(元町観光駐車場/広場式41台・立体式52台)
駐車場料金:
1時間まで200円、以降30分ごとに10
駐車場マップ:
アクセス(車):
函館空港から道道63号を経て、国道278号を函館方面に8km、函館駅前で左折、国道279号を1km、南部坂へ左折500mで市営函館山山麓駐車場
アクセス(電車):
JR函館駅から市電どっく前行きで7分、末広町下車、徒歩10分
営業時間:
4月~10月は9:00~19:00、11月~3月は9:00~17:00
休業日:
12月31日~1月3日休、他に年6回程度の館内整理休館あり
料金:
大人300円、小学生~大学生150円、函館市北方民族資料館、函館市文学館、函館市旧イギリス領事館との共通券は2館で大人500円、小学生~大学生250円、3館で大人720円、小学生~大学生360円、4館で大人840円、小学生~大学生420円
TEL:
0138-22-1001
詳細情報:
http://www.zaidan-hakodate.com/koukaido/kou.htm
函館港を見下ろす高台に建てられた、明治43年完成のコロニアルスタイルの洋風建築。ベランダや屋根窓が施された、左右対称形の木造2階建ての建物は、もとは住民の集会所として建てられたもの。現在は美しく修復され、国の重要文化財として内部の見学が可能だ。2階の御座所は大正天皇が滞在された部屋。大広間では、かつて舞踏会なども催され、天上に下がるシャンデリアなどが、当時を彷彿とさせる。バルコニーでは、ハイカラ衣装での記念撮影も可能だ。ハイカラ衣装での記念撮影は、「ハイカラ衣裳館」で実施。衣装1着20分間1000円。公会堂は、明治40年の大火で焼失した町会所に代わる施設として建てられたもの。総工費5万8000円のうち、5万円は豪商、初代・相馬哲平の寄付によるもの。相馬哲平は1863(文久3年)、箱館・弁天町に米穀商を開業し、のちに物産商となり財を築いた。設計は小西朝次郎(函館区役所の土木課営繕主任)、建築は新潟県中蒲原郡生まれの大工・村木甚三郎。高龍寺の建築に加わった後も函館に残り、弥生小学校などの建築も手がけている。【建築】
問合わせ・連絡先
旧函館区公会堂
電 話:0138-22-1001