小樽市鰊御殿

祝津にある明治建築の鰊御殿/おたるしにしんごてん
開催場所:
小樽市鰊御殿
047-0047 北海道小樽市祝津3-228
駐車場:
12台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
札樽自動車道小樽ICから道道17号小樽港線を余市方面に3km、色内2交差点を右折、道道454小樽海岸公園線で6km
アクセス(電車):
JR小樽駅から北海道中央バスおたる水族館行きで20分、終点下車、徒歩5分
営業時間:
9:00~17:00、10月中旬~11月は9:00~16:00
休業日:
4月上旬~11月下旬開館、期間中は無休
料金:
大人300円、高校生150円、中学生以下無料
TEL:
0134-22-1038
祝津(しゅくつ)海岸、日和山灯台近くに建つ、豪壮なニシン番屋。「ニシン大尽」と呼ばれた積丹(しゃこたん)半島有数の網元、田中福松が7年の歳月をかけ、明治30年に泊村に建てたもので、現存する鰊御殿では、最大規模のもの。昭和33年、北海道炭礦汽船の創立70周年記念事業で現在地に移転したもの。タモ、セン、トドマツなど、道産原木のほか、檜材をわざわざ東北から北前船(弁財船)で取り寄せて建てられた。内部には鰊漁場資料館として、当時の漁具、写真などを展示。田中福松は、幕末の1854(安政元)年、17歳の時に津軽国東津軽郡蓬田村から叔父の武井忠兵衛(積丹の古宇場支配人)を頼って渡道し、雇漁夫(ヤン衆)として働いたのち、場所(漁場)を買い請け「一網千両、万両」というニシン漁で財を築いた。明治中期には積丹地方の代表的な漁業主となっている。【ミュージアム】【日本一】【建築】
問合わせ・連絡先
小樽市鰊御殿
電 話:0134-22-1038