旧日本郵船株式会社小樽支店

明治時代築の美しい石造建築/きゅうにほんゆうせんかぶしきがいしゃおたるしてん
開催場所:
旧日本郵船株式会社小樽支店
047-0031 北海道小樽市色内3-7-8
駐車場:
15台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
札樽自動車道小樽ICから道道17号小樽港線を余市方面に3km、運河から離れ大きく左に曲がった後の最初の信号を右折、300m
アクセス(電車):
JR小樽駅からおたる散策バス(北海道中央バス)で13分、旧日本郵船前下車、すぐ
営業時間:
9:30~17:00
休業日:
月曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日(土・日曜を除く)、12月29日~1月3日休
料金:
大人300円、高校生150円、中学生以下無料
TEL:
0134-22-3316
近世ヨーロッパ復興様式の石造り2階建ての建築で、国の重要文化財。明治39年築の建物を、当時の状態に復元、公開。外壁には厚さ約75cmの小樽天狗山産軟石を用い格式高い重厚な外観は、「関東以北に例をみない一大建築」と称された。1階はかつての営業室。太い木の柱やカウンターが風格を感じさせる。2階は貴賓室と会議室。貴賓室は、寄せ木造りの床、空色漆喰の天井、菊模様金唐革紙(きんからかわかみ=和紙で製造した革に似せた紙で当時大蔵省印刷局で作っていた)の壁、鏡付の大理石暖炉など、当時の材質・デザインが細部に至るまで再現されている。明治39年11月には、 ポーツマス条約に基づく日露の樺太国境画定会議が2階の会議室で行なわれ、 会議終了後貴賓室で祝盃があげられた。【建築】【ミュージアム】
問合わせ・連絡先
旧日本郵船株式会社小樽支店
電 話:0134-22-3316