有島記念館

有島文学と有島武郎の人となりに触れる/ありしまきねんかん
開催場所:
有島記念館
048-1511 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ57
駐車場:
30台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
札幌から国道230号を洞爺湖方面へ65km、左折して国道276号を25km、国道5号を左折、12km
アクセス(電車):
JR倶知安駅から道南バスルツス高原行きで18分、有島記念館下車、徒歩5分。または、JRニセコ駅からニセコ町内循環ふれあいシャトルバス有島記念線で5分、有島記念館入口下車、徒歩5分。
営業時間:
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休業日:
5月~9月は無休、10月~4月は月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始休
料金:
大人500円、高校生100円、中学生以下無料
TEL:
0136-44-3245
FAX:
0136-55-8484
詳細情報:
http://www.town.niseko.lg.jp/goannai/arishima.html
白樺派を代表する作家で、ニセコゆかりの人、有島武郎(ありしまたけお)の記念館。東京生まれの有島は、札幌農学校予科に編入、明治34年には、実業家の父とともに初めて狩太(現ニセコ町)にある有島家所有の農場を訪れている。軽井沢での自死の前年、大正11年には、小作人に農場を無償解放した。展示は「農場解放と文学」「農場解放と共生農団」「有島武郎の文学」「有島兄弟と周辺の人々」と4テーマに分かれており、有島文学とその人となりに触れることができる。記念館の建つ場所は農場解放後の共生農団の農場だった場所。記念館周辺には武郎が農場解放を宣言した弥照神社、農場解放記念碑、『カインの末裔』に登場する共同墓地と社のあった通称宮山、晩年の作品『親子』冒頭に登場する通称「親子の坂」もあり、ゆかりの地をめぐるフットパスも整備されている。【ミュージアム】
問合わせ・連絡先
有島記念館
電 話:0136-44-3245