豊平館

開拓使が洋風ホテルとして建てた洋館/ほうへいかん
開催場所:
豊平館
064-0931 北海道札幌市中央区中島公園1-20
駐車場:
15台(タイムズ南10西7)
駐車場料金:
30分100円
駐車場マップ:
アクセス(車):
道央自動車道札幌南ICから道道3号(南郷通)を札幌市街方面に9km走った菊水3-3交差点を左折、1.5kmで中島公園
アクセス(電車):
地下鉄南北線中島公園駅から徒歩3分
営業時間:
平成28年3月まで耐震工事中のため、営業休止中//9:00~17:00
休業日:
平成28年3月まで耐震工事中のため、営業休止中//6月~10月は無休、5月~11月は第2火曜休、12月29日~1月3日休
料金:
無料
TEL:
011-611-7600
FAX:
--
詳細情報:
http://www.hoheikan-sugiyama.co.jp/guide.html
中島公園に建つ瀟洒な洋館で、国の重要文化財。明治13年に開拓使が洋風ホテルとして建てたもので、創建時には、大通西1丁目にあったが、昭和33年、現在地に移築された。札幌市民の結婚式などに利用されているが、見学も可能。
内部のシャンデリア、シャンデリア上部の天井にある、シャンデリアの釣元の漆喰メダイオン(中心飾り)などは、創建時のスタイルに復元されている。日没〜21:00まで休館日を除きライトアップされる。「伊豆の長八」こと入江長八の流れを組む左官職人の手による漆喰芸術の装飾もあり興味深い。広間は舞踏会の会場のような雰囲気で市民の結婚式場として利用されている。
建物の外部についている赤い★印は明治初期に北海道の開拓を担当した開拓使のマーク。喫茶等の営業は平成28年3月まで耐震工事中のため、営業休止中。【建築】【近代化産業遺産】
問合わせ・連絡先
豊平館
電 話:011-611-7600