徳川園

尾張徳川家の別邸が庭園に/とくがわえん
開催場所:
徳川園
461-0023 愛知県名古屋市東区徳川町1001
駐車場:
82台(市営徳川園駐車場)
駐車場料金:
30分ごとに120円
駐車場マップ:
アクセス(電車):
JR・名鉄瀬戸線・地下鉄名城線大曽根駅南出口から徒歩10分
営業時間:
9:30~17:30(入園は17:00まで)
休業日:
月曜(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月1日休
料金:
大人300円、中学生以下無料、徳川園・蓬左文庫・徳川美術館共通観覧大人1350円、高・大学生850円、65歳以上1150円
TEL:
052-935-8988
FAX:
052-937-3847
詳細情報:
http://www.tokugawaen.city.nagoya.jp/
尾張藩2代藩主・徳川光友が、1695(元禄8)年に隠居した大曽根屋敷がルーツ。光友没後、尾張藩家老職の成瀬、石河、渡邊三家に譲られたが、明治22年に尾張徳川家の邸となった。往時の敷地は13万坪もあり、池には巨大な舟が浮かぶほどだったという。昭和6年に19代の尾張徳川家当主・徳川義親氏から名古屋市に寄進され、徳川園として公開された。邸宅は戦災で焼失し、庭園も荒廃したが、平成16年秋に池泉回遊式の日本庭園としてリニューアル。名古屋市の中心部にありながら、高低差のある地形、立体的に迫る大きな岩組みが特徴の緑豊かな庭園になっている。海に見立てた龍仙湖、尾張家江戸下屋敷跡地(戸山屋敷)にあった龍門の瀧遺構の伊豆石(江戸城築城の余り石)を使用した龍門の瀧、三段になって落ちる大曽根の瀧などを巡って散策できる。ガーデンレストラン徳川園、徳川園ショップ葵も併設されている。【日本の歴史公園100選】【庭園】
問合わせ・連絡先
徳川園
電 話:052-935-8988