妙行寺

加藤清正生誕の地/みょうぎょうじ
開催場所:
妙行寺
453-0053 愛知県名古屋市中村区中村町木下屋敷22
駐車場:
6台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
名古屋高速5号万場線黄金出口から10分
アクセス(電車):
地下鉄東山線中村公園駅から徒歩10分
営業時間:
参拝自由
TEL:
052-412-3362
詳細情報:
http://www.myougyouji.jp/
正悦山妙行寺は日蓮宗の寺。かつては東に200mほどのところにあり本行寺という真言宗の寺だったが日蓮宗に改宗し妙行寺となった。慶長15年の名古屋城築城の際に、外様大名として普請の命を受けた加藤清正は築城の余材と普請小屋を貰い受けて妙行寺を自身の誕生の地に移した。清正公堂に安置される肖像画は清正が創建した肥後(熊本県)本妙寺の第3世・日遥上人の作。日遥上人は秀吉の朝鮮出兵の際、12歳で清正の捕虜となり日本に連れてこられた人。出家して身延久遠寺で修業を積み、本妙寺の住職となった。清正は日蓮宗妙延寺(現・津島市)の日順大徳の教化を受けた日蓮宗徒。戦場での武勲は法華教の力と信じていた。境内には清正公誕生の地碑、加藤清正公像も立つ。宝物に長烏帽子兜、加藤清正公束帯姿画像(日遥上人筆)、加藤清正公虎退治屏風などがある。騎馬の名手としても名高い清正にちなみオートバイ用のお守も授与。7月24日は『清正公御正当大祭』、さらに毎月24日は清正公例祭。【寺社】【パワースポット】
問合わせ・連絡先
妙行寺
電 話:052-412-3362