滝山寺・滝山東照宮

徳川家光創建の東照宮が建つ/たきさんじたきさんとうしょうぐう
開催場所:
滝山寺・滝山東照宮
444-3173 愛知県岡崎市滝町山籠107
駐車場:
30台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
営業時間:
滝山寺は参拝自由、滝山東照宮9:00~17:00(受付は16:30まで)
休業日:
滝山東照宮は土・日曜のみ拝観受付
料金:
滝山東照宮拝観200円、宝物殿拝観300円
TEL:
0564-46-2296
『滝山寺縁起』によれば、天武天皇の勅命で役行者(えんのぎょうじゃ)が吉祥寺として創建。薬師如来像を祀ったため院号は今も薬樹王院だ。保安年間(1120年~1123年) に比叡山の僧・仏泉上人永救が再興。鎌倉時代の住職・寛伝は源頼朝(熱田神宮近くで生まれたという説もある)の従兄弟。つまり熱田大宮司家と鎌倉幕府の庇護を受け、隆盛を誇った。頼朝追善のため仏師運慶・湛慶父子が彫った観音菩薩像(国の重要文化財)もある。室町時代には足利尊氏、戦国時代以降には徳川家の庇護を受けた。1644(正保元)年には3代将軍・徳川家光が境内に滝山東照宮を創建している。現存する本堂と三門(岡崎市現存最古の建築物)は室町時代前期の建立で国の重要文化財。鐘楼の鐘は、5代将軍・綱吉の寄進。2月に行なわれる『鬼祭り』は愛知県指定無形文化財。滝山東照宮の本殿、拝殿・幣殿、中門、鳥居、水屋は国の重要文化財。【寺社】【パワースポット】《源頼朝》【徳川家康】
問合わせ・連絡先
滝山寺
電 話:0564-46-2296