有楽苑・国宝茶室如庵(名鉄犬山ホテル)

織田有楽斎が建てた茶室は国宝に/うらくえんこくほうちゃしつじょあんめいてついぬやまほてる
開催場所:
有楽苑・国宝茶室如庵(名鉄犬山ホテル)
484-0081 愛知県犬山市犬山御門先1
駐車場:
200台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
東名高速道路小牧ICから25分。または、中央自動車道小牧東ICから20分
アクセス(電車):
名鉄犬山線犬山遊園駅から徒歩8分
営業時間:
9:00~17:00、7月15日~8月31日は9:00~18:00、12月~2月は9:00~16:00
休業日:
無休
料金:
大人1000円、小人600円、呈茶600円
TEL:
0568-61-4608
詳細情報:
http://www.m-inuyama-h.co.jp/urakuen/
犬山城の東、名鉄犬山ホテルの管理する施設で、国宝茶室如庵、重要文化財旧正伝院書院、古図により復元された元庵、新築の弘庵、徳源寺唐門、茶花園などがある。犬山城とともに国宝に指定される茶室如庵は、織田信長の実弟で茶の湯の創世期織田有楽斎(織田長益、有楽斎如庵と号する。関ヶ原の戦い後は淀殿の補佐役)が京・建仁寺塔頭(たっちゅう)の正伝院(祇園にあったが明治初めに廃寺となっり正伝永源院=東山区小松町として移る)に建てたに建てた茶室。待庵(京都山崎妙喜庵)、密庵(大徳寺龍光院)とともに、国宝茶席3名席のひとつに数えられている。公開は毎年4月・11月に限定。旧正伝院書院は、有楽斎が正伝院に建てた隠居所。内部には長谷川等伯や狩野山雪などの襖絵が残るが普段は非公開。元庵は、有楽斎が大坂・天満川崎(現在の造幣局から滝川小学校あたり。江戸時代には跡地に川崎東照宮が勧請された)に屋敷を構えていたころに建てられた茶室を古図に従って復元したもの。弘庵は、苑内で催される茶会のために新築された茶席。【国宝】
問合わせ・連絡先
有楽苑
電 話:0568-61-4608