円頓寺商店街

円頓寺門前のレトロ商店街/えんどうじしょうてんがい
開催場所:
円頓寺商店街
451-0042 愛知県名古屋市西区那古野1丁目
駐車場:
72台(名鉄協商那古野1丁目駐車場)
駐車場料金:
1時間ごとに200円
駐車場マップ:
堀川に架かる五条橋から西に伸びる商店街。円頓寺商店街、円頓寺本町商店街、西円頓寺商店街の3つからなり名古屋城築城の際(清洲越し)に商家が並んだという名古屋城下で最も古い商店街だ。圓頓寺の門前町としても発展し、往時には栄、大須と並び「名古屋三大繁華街」に数えられた。毎年7月には円頓寺商店街、円頓寺本町商店街の共催で『円頓寺七夕まつり』も行なわれる。明治42年創業の洋食店「勝利亭」は、日露戦争の戦勝が店名の由来とか。初代が神戸のオリエンタルホテルで修業中に考案したという伝統の「ミヤビヤ」(エビまたは鶏肉と玉ねぎ、椎茸を炒めデミグラスソースで煮込んだもの)は、「勝利亭」のオリジナル。明治41年創業の老舗甘味処「太陽堂本店」、明治26年に名古屋駅前(泥江町)で初代が創業し数年後、円頓寺商店街にて小売店を始めたという「はきものの野田仙本店」など老舗には注目を。【土産】