瀬戸蔵ミュージアム

「せと・まるっとミュージアム」の拠点/せとぐらみゅーじあむ
開催場所:
瀬戸蔵ミュージアム
489-0813 愛知県瀬戸市蔵所町1-1
駐車場:
189台
駐車場料金:
1時間まで無料、以降1時間ごとに100円
駐車場マップ:
アクセス(車):
東名阪自動車道大森ICから県道61号を8kmで新大橋南交差点。さらに国道363号を尾張瀬戸駅方面に1.5km。東海環状自動車道せと赤津ICも利用できる
アクセス(電車):
名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅から徒歩5分
営業時間:
9:00~18:00(入館は17:30まで)
休業日:
12月28日~1月4日、月1回程度の臨時休あり
料金:
大人500円、高・大学生・65歳以上300円、中学生以下無料
TEL:
0561-97-1190
FAX:
0561-97-1557
瀬戸の中心、記念橋近くに建つ瀬戸蔵の2階・3階にあるミュージアムで「せと・まるっとミュージアム」の拠点となる施設。2階には町のシンボルだった旧尾張瀬戸駅、瀬戸電車両モ754号、陶房(モロ)、石炭窯、煙突、せともの屋などを配置し瀬戸物の大量生産で活気のあった時代の瀬戸を再現。3階は瀬戸焼の変遷を全長30m以上の大パノラマ展示で紹介。陶房(モロ)ではかつては瀬戸に多くあった1個のモーターで複数の機械を駆動させる装置を再現。製土に使うフィルタープレス、クネットマシン、土練機、成形工程に必要な機械ロクロ、泥鋳込み機を1個のモーターを動力に動かす仕組みは必見だ。モロという建物に凝縮された職人たちの知恵を学べる仕組み。【ミュージアム】
問合わせ・連絡先
瀬戸蔵ミュージアム
電 話:0561-97-1190