足助八幡宮

白鳳時代創建という古社で室町時代築の本殿が見事/あすけはちまんぐう
開催場所:
足助八幡宮
444-2424 愛知県豊田市足助町宮ノ後13
駐車場:
宮町駐車場(200台)
駐車場料金:
1回500円、紅葉シーズンは800円/西
駐車場マップ:
アクセス(車):
猿投グリーンロード力石ICから21分
営業時間:
参拝自由
TEL:
0565-62-0516
FAX:
0565-62-0516
663(白鳳3)年創建という古社。明治時代の初めまでは神宮寺という別当寺をもち、社域は今の足助支所まで広がっていた。1466(文正元)年再建の本殿は国の重要文化財。境内には、わらじの像があるが、これは足を助けるという信仰があったから。尾張藩の鉄砲や火薬の製造指南役を担った尾州稲留流で、三河国岩神村(現在の豊田市足助)・沢田四郎右衛門尉が1612(慶長17)年に奉納した『扇的打図』は、珍しい鉄砲を描いた扁額。10月第2土・日曜には秋の例大祭である『足助まつり』が齋行され、4台の豪壮な山車が練り歩く。【寺社】【パワースポット】【祭】

問合わせ・連絡先
足助八幡宮
電 話:0565-62-0516