奥殿陣屋

徳川親藩奥殿藩松平家の陣屋・御殿の跡/おくとのじんや
開催場所:
奥殿陣屋
444-2108 愛知県岡崎市奥殿町雑谷下10
駐車場:
115台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
東名高速道路豊田ICから20分、岡崎ICから25分
アクセス(電車):
JR岡崎駅から名鉄バス奥殿陣屋行きバスで50分。または、名鉄名古屋本線東岡崎駅から名鉄バス奥殿陣屋行きで30分
営業時間:
9:30~16:30
休業日:
月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始休
料金:
入館無料
TEL:
0564-45-7230
FAX:
--
詳細情報:
http://okutono.com/
岡崎市奥殿町にある陣屋。徳川秀忠に仕え、大坂の陣の戦功により3000石を与えられた松平真次が、大給(豊田市大内町)に陣屋を構えたのが奥殿松平家の始まり。2代目の乗次は大坂定番となって1万6000石に加増し大名となり、1707(宝永4)年に第3代藩主・松平乗真が大給から奥殿に陣屋を移した。以降、1863(文久3)年に信濃佐久郡田野口(長野県佐久市)に移転するまで奥殿藩の中心となったのが奥殿陣屋。御殿や書院は明治維新後に破却されて残っていない。現在の書院は曹洞宗の寺院・龍渓院の庫裏を移築したもの。書院、金鳳亭、蓬莱の庭、資料展示室、花火資料室、玄々斎宗室生誕碑、歴代藩主の廟所がある。金鳳亭では春には竹の子ごはん700円、夏には笹寿司800円、その他陣屋弁当、松花堂弁当などの食事も可能。書院では、日本庭園を眺めながら抹茶(笹まんじゅう付き400円)が味わえる。田野口に移った松平乗謨(まつだいらのりかた=明治維新後は大給恒)は、西洋式城郭の龍岡城を築城している。【城跡】
問合わせ・連絡先
奥殿陣屋
電 話:0564-45-7230