INAXライブミュージアム世界のタイル博物館

装飾タイルを展示する/いなっくすらいぶみゅーじあむせかいのたいるはくぶつかん
開催場所:
INAXライブミュージアム世界のタイル博物館
479-0823 愛知県常滑市奥栄町1-130
駐車場:
80台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
知多半島道路半田ICから15分。またはセントレアライン常滑ICから7分
アクセス(電車):
名鉄常滑線常滑駅から知多バス常滑線知多半田駅行きでINAXライブミュージアム前下車、徒歩2分。または、常滑駅から徒歩20分。タクシーで5分
営業時間:
10:00~17:00(入館は16:30まで)
休業日:
第3水曜、年末年始休
料金:
ライブミュージアム内共通入館料大人600円、70歳以上500円、高・大学生400円、小・中学生200円(ミュージアムショップ、レストランは入館料不要)
TEL:
0569-34-8282
詳細情報:
http://www.inax.co.jp/museum/
六古窯の一つである常滑焼だが、江戸時代の安政年間(1854年~1860年)には陶製の便器の生産が始まり、明治期以降にはタイルや土管の生産も行なわれた。タイル研究家・山本正之氏のコレクションを中心に、INAX独自の資料による装飾タイルを展示公開する日本唯一のユニークなミュージアム。1階常設展は、「装飾する魂(たましい)」をテーマに5500年前のクレイペグ空間、4650年前のエジプト最古のタイル空間、イスラームのドーム天井の再現など興味深い展示が行なわれている。2階の常設展示室では紀元前の古代から19世紀近代までのタイルコレクションのなかから約1000点を、地域別(オリエント、イスラーム、スペイン、オランダ、イギリス、中国、日本)にコーナーを設けて展示。紀元前にエジプトでタイルが生まれ、世界に広まっていく歴史の流れを実感できる。【ミュージアム】

問合わせ・連絡先
INAXライブミュージアム世界のタイル博物館
電 話:0569-34-8282