鳳来寺東照宮

家光が造営を発願した東照宮/ほうらいじとうしょうぐう
開催場所:
鳳来寺東照宮
441-1693 愛知県新城市門谷鳳来寺4
駐車場:
180台(鳳来寺山パークウェイ駐車場/8:00~18:00、
駐車場料金:
1回500円
駐車場マップ:
アクセス(車):
東名高速道路豊川ICから国道151号を18km走った長篠交差点を左折、県道32号で7kmで、鳳来寺山表参道
アクセス(電車):
JR本長篠駅前から豊橋鉄道バス田口行き、鳳来寺山頂行きで8分、鳳来寺下車、徒歩15分
営業時間:
中門、本殿拝観は6:00~15:30
料金:
中門、本殿拝観は志納
TEL:
0536-35-1176
詳細情報:
http://www.tees.ne.jp/~horaitosyogu/index.html
徳川3代将軍家光が造営を発願。完成は1651(慶安4)年、4代将軍家綱の時代で、日光東照宮を模して建てられた本殿は、江戸初期の建築法を残す貴重なものとして、国の重要文化財に指定されている。この地を選んだのは、家光が日光東照宮を参拝した際に読んだ『東照社縁起』に、松平広忠の奥方(於大の方)が鳳来山に籠もり薬師如来に祈願して、家康が誕生したと記されていたことによると伝わる。鳳来山東照宮は、子授けでも信仰を集め、また、日光東照宮、久能山東照宮とともに「三東照宮」とも称されている。江戸時代に鳳来寺山に東照宮が建立されると、鳳来寺も徳川幕府は中興し、山麓には巨大な門前町が形成された。遠州の秋葉山とを結ぶ参詣の道の宿場としても機能し、旅寵が50軒をも軒を連ねたという。家光が造営した鳳来寺の建築物はその後の火災でほとんどを失っているが、東照宮は焼け残り、今も往時の雰囲気を残している。【寺社】【パワースポット】【日本三大】【徳川家康】
問合わせ・連絡先
鳳来寺東照宮
電 話:0536-35-1176