鳳来寺山

コノハヅクで知られる東海の霊山/ほうらいじさん
開催場所:
鳳来寺山
441-1693 愛知県新城市門谷鳳来寺
駐車場:
180台(鳳来寺山パークウェイ駐車場/8:00~18:00、
駐車場料金:
1回500円
駐車場マップ:
アクセス(車):
東名高速道路豊川ICから国道151号を18km走った長篠交差点を左折、県道32号で7kmで鳳来寺山表参道。表参道から1km
アクセス(電車):
JR本長篠駅前から豊橋鉄道バス田口行きまたは鳳来寺山頂行きで8分、鳳来寺下車、徒歩13分で参道入口
FAX:
--
2000万年前~1500万年前にかけて度重なる火山活動で誕生した火山群の末端に位置する岩峰が鳳来寺山(684.2m)。山体の底部は砂岩、泥岩の海成層で、火山によってできた地層の一部であって火山ではない。古代から鏡岩(屏風岩)に代表される岩肌を露出したその特異な山容で霊山と崇められ、山そのものが信仰の対象となり、修験者の聖地、真言・天台の密教の道場として栄えた。全山がほぼ原生林に覆われ、モミ・ツガを主体とした温帯樹種と、シイ・カシ類やヤブツバキなどの暖帯系の植物が混生。国の名勝および天然記念物、日本の地質百選にも選定されている。鳳来寺山は、モリアオガエル、コノハヅクなどの棲息地ともなり、名勝天然記念物にも指定されている。鳴き声から「仏法僧」(ブッポウソウ)と呼ばれるのは、山内に棲息するコノハヅクのこと。4月~9月の夜間にブッポウソウと鳴くので仏法僧と呼ばれてきた。山麓から「鳳来寺パークウェイ」(平成17年7月に無料化・県道門谷豊岡線になった)で鳳来寺山パークウェイ駐車場まで歩かずに到達できる(山頂駐車場への道路は18:00~8:00まで通行禁止)。また表参道は山麓から1425段の石段で本堂に至るもの。本堂脇から東海自然歩道を使いさらに奥の院を経て山頂へと至る。山麓の駐車場から本堂へは徒歩40分、さらに30分で奥の院。山頂へは奥の院から徒歩8分。【自然観察】【ハイキング・トレッキング】