鳳来寺

本堂まで1425段の石段が続く山寺へ/ほうらいじ
開催場所:
鳳来寺
441-1944 愛知県新城市門谷鳳来寺1
駐車場:
180台(鳳来寺山パークウェイ駐車場/8:00~18:00、
駐車場料金:
1回500円
駐車場マップ:
アクセス(車):
東名高速道路豊川ICから国道151号を18km走った長篠交差点を左折、県道32号で7kmで、鳳来寺山表参道
アクセス(電車):
JR本長篠駅前から豊橋鉄道バス田口行き、鳳来寺山頂行きで8分、鳳来寺下車、徒歩15分
営業時間:
境内自由
TEL:
0536-35-0604
703(大宝3)年に利修仙人(りしゅうせんにん)が開山したと伝えられる鳳来寺。真言宗五智教団(しんごんしゅうごちきょうだん)の本山で、文治年間(1182~1189年)に源頼朝が堂宇を建立、鎌倉時代には三河七御堂の一つとして隆盛した。江戸時代に山内に東照宮が創建されると、さらに隆盛を極め21の坊が山内に配された。家康の父・松平広忠と母・於大の方(おだいのかた)が、鳳来寺の本尊・峯薬師如来に懐胎を祈願して竹千代(後の家康)を身ごもったという伝説が残されたことを3代・家光が知り、厚く保護したのだ。表参道から本堂へ、1425段の石段が続き、杉木立に囲まれ豊かな自然の中にある。3代将軍・徳川家光寄進の仁王門は、国の重要文化財で、石段で上った山内には樹齢800年の傘スギもある。例年大晦日には先着108名に限り除夜の鐘を撞くことができる。奥の院へは本堂脇から東海自然歩道で到達。山麓から「鳳来寺パークウェイ」(平成17年7月に無料化・県道門谷豊岡線になった)で鳳来寺山パークウェイ駐車場まで歩かずに到達できる(山頂駐車場への道路は18:00~8:00まで通行禁止)。鳳来寺田楽堂で1月3日に行なわれる「鳳来寺田楽」は、国指定の重要無形民俗文化財。鳳来寺を開いた利修仙人が入定の際に、山の守護神になるようにと山中に住み利修仙人を守った青、赤、黒の3匹の鬼の首を刎ねて埋葬。その供養にと鳳来寺の僧侶が村人とともに舞ったのが始まりと伝えられている。【パワースポット】【源頼朝】【寺社】【徳川家康】
問合わせ・連絡先
鳳来寺
電 話:0536-35-0604