伊賀八幡宮

家康ゆかりの戦勝の神で本殿は国の重文/いがはちまんぐう
開催場所:
伊賀八幡宮(岡崎)
444-0075 愛知県岡崎市伊賀町東郷中86
駐車場:
30台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
東名高速道路岡崎ICから国道1号を西に2.5km走った康生通南交差点を右折、県道56号を1.5km
アクセス(電車):
名鉄名古屋本線東岡崎駅から名鉄バス大樹寺方面行きで10分、八幡社前下車、徒歩1分
営業時間:
6:00~17:00、ご祈祷受付9:30~15:30
休業日:
無休
料金:
参拝無料、ご祈祷5000円~
TEL:
0564-26-2789
詳細情報:
http://www.igahachimanguu.com/
松平4代の松平親忠(安祥城主)が、1488(長享2)年年頃に創建した松平徳川家の総氏神が伊賀八幡宮。家康が社殿を造営し、3代将軍徳川家光が社殿を拡張し東照宮(家康)を祭神に加えている。徳川家康の立身出世にあやかりたいと家運隆盛、事業発展、出世開運の祈願に訪れる人が多い。権現造りの本殿・拝殿、御供所、随神門、石橋、石鳥居が国の重要文化財。本殿は家康の造営で、日光東照宮と同年の1636(寛永13)年に完工している。一般の祈祷も国の重要文化財に指定された社殿で行なわれるという厳かなもの。江戸時代には4月17日の家康の命日に、江戸の将軍の名代として伊賀八幡宮と大樹寺に岡崎城主が参詣する習慣があった。現在は4月17日に春の大祭として東照宮祭が行なわれている。秋の例大祭は10月の第1土・日曜。【徳川家康】【寺社】【パワースポット】
問合わせ・連絡先
伊賀八幡宮
電 話:0564-26-2789