岡崎公園

家康の産湯の井戸も残る岡崎城址公園/おかざきこうえん
開催場所:
岡崎公園
444-0052 愛知県岡崎市康生町561
駐車場:
229台(岡崎公園駐車場/8:30~21:30)
駐車場料金:
30分ごとに100円/岡崎公園北駐車場(
駐車場マップ:
アクセス(車):
東名高速道路岡崎ICから国道1号を3kmで岡崎公園
アクセス(電車):
名鉄名古屋本線岡崎公園駅から徒歩10分
営業時間:
入園自由
TEL:
0564-22-2122
岡崎公園は市の中心部に位置し、岡崎城跡に整備された公園。城塁や内堀が残り、往時を偲ばれる天守閣も再建されている。岡崎城は家康が生まれが城として知られ、公園内には「家康産湯の井戸」などゆかりの史跡が数多く残り、家康公の銅像や遺言碑も立てられている。面積10haの園内には、サクラ、フジ、ツツジ、サツキなどが植えられ、花の名所としても有名。4月上旬にはソメイヨシノ1700本が咲き、夜桜照明も行なわれる。公園となっているのは、岡崎城の本の丸、二の丸(誕生曲輪)、持仏堂曲輪、隠居曲輪など。建物は現存しないが石垣や空堀は往時のままなのでぜひ一巡してみたい。古謡『五万石』で「五万石でも岡崎様は、お城の下まで船が着く」と歌われるように岡崎城は矢作川の水運を利用していた。吉良の塩は舟で岡崎城下まで運ばれ、八丁味噌の材料として使われたほか、岡崎の塩座でチェックを受けさらに矢作川・巴川上流へと運ばれた。岡崎公園の南側を流れる乙川は矢作川に注ぐ支流だが、舟はこの乙川に入り、御用土場(土場は港の意)で荷の積み下ろしが行なわれた。河畔には御用土場跡も残るのでお見逃しなく。公園の西側を流れる伊賀川の河川敷など岡崎公園一帯は、NHK連続テレビ小説『純情きらり』(平成18年)のロケ地。【日本の歴史公園100選】【日本さくら名所100選】【ロケ地】【日本の都市公園100選】【桜】【花見】
問合わせ・連絡先
岡崎城
電 話:0564-22-2122