大一美術館

アールヌーヴォーと現代ガラスアートを鑑賞/だいいちびじゅつかん
開催場所:
大一美術館
453-0843 愛知県名古屋市中村区鴨付町1-22
駐車場:
30台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
名古屋高速万場線黄金ランプから、岩塚本通を西へ3km走った岩塚本通4交差点を右折
アクセス(電車):
地下鉄東山線中村公園駅から市バスで7分、鴨付町下車徒歩1分
営業時間:
10:00~17:00
休業日:
月曜(祝日の場合は翌日)、12月30日~1月1日休
料金:
大人800円、高・大学生600円、小・中学生400円
TEL:
052-413-6777
FAX:
052-413-3838
詳細情報:
http://www.daiichi-museum.co.jp/
アールヌーヴォーのガラス工芸や現代ガラスアート作品を収蔵展示する美術館。パチンコメーカーの大一商会が運営している企業博物館だ。アールヌーヴォー期の巨匠、エミール・ガレのコレクションでは『ジャンヌ・ダルク文花器』『蜻蛉文脚付杯』などを展示。またアメリカで初めて人間国宝に選ばれたデイル・チフーリの『シャンデリア』や『メイグリーン・マキア』などの常設展示も見応え充分。大一美術館オリジナルグッズのフットランプも販売。大一商会の創業者・市原茂は、連発式連ちゃん玉切り器を開発。昭和27年に手作りの「市原式ゲージ」のパチンコ機60台を制作。「日本一精巧で、楽しい台を作ってやろう」という一貫する姿勢からパチンコを一大産業にまで発展させた。大一美術館が建つ名古屋市中村区鴨付町は創業の地。社会貢献活動の一環として美術館を運営している。

問合わせ・連絡先
大一美術館
電 話:052-413-6777