富士山東口本宮冨士浅間神社(須走浅間神社)

須走口にある古社で世界遺産の構成資産/ふじさんひがしぐちほんぐうふじせんげんじんじゃすばしりせんげんじんじゃ
開催場所:
小山町
410-1431 静岡県駿東郡小山町須走126
駐車場:
20台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
東富士五湖道路須走ICから約800m(2分)
営業時間:
参拝自由
料金:
資料館は入館無料(社務所で受付)
TEL:
0550-75-2038
FAX:
0550-75-2092
詳細情報:
http://www.higashiguchi-fujisengenjinja.or.jp
富士山の東麓、須走口登山道に鎮座する浅間神社で世界遺産富士山(「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」)の構成資産のひとつ。延暦大噴火(800年~802年)の際には国司・郡司による富士の噴火を鎮める祭祀が行なわれた地で、807(大同2)年に社が創建されたという。空海修行の地という伝説もあり、中世には弘法寺浅間宮と称し、須走口9合目の迎久須志之神社(江戸時代には薬師堂)、6合目・胎内神社、5合目・古御岳神社(4合目・御室浅間神社、2合目・雲霧神社を合祀)は末社。富士講の全盛時代には須走集落は、富士登山の宿場として繁栄したが、その中心となったのが浅間神社だ。本殿・幣殿・拝殿が一体となった権現造の社殿、随神門は、宝永噴火直後の再建。境内には浅間の杜、富士講の講碑群、信しげの滝などもあり凛とした環境が守られている。社務所の2階は資料館にもなっている。【寺社】【世界遺産】
問合わせ・連絡先
富士山東口本宮冨士浅間神社
電 話:0550-75-2038