願成就院

北条時政、政子ゆかりの寺/がんじょうじゅいん
開催場所:
伊豆の国市
410-2122 静岡県伊豆の国市寺家83-1
駐車場:
守山東駐車場を利用/駐車場から徒歩5分
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
東名高速道路沼津ICから約15.4km(30分)
アクセス(電車):
伊豆箱根鉄道韮山駅から徒歩18分
営業時間:
境内自由、大御堂・宝物館入館は10:00~16:00(受付は15:30まで)
休業日:
大御堂・宝物館は水曜休(祝日の場合は開館)
料金:
大御堂・宝物館は大人400円、中・高校生200円、小人100円
TEL:
055-949-7676
1189(文治5)年、源頼朝と関東の武士団は、源義経をかくまった平泉の藤原氏を攻撃。この時、北条時政が合戦の勝利を祈って創建したのが願成就院という。創建当初は宇治の平等院や平泉の毛越寺のように寺の前には大きな池があったというが(藤原式伽藍)、今は偲ぶものがない。近くには北条政子が住んでいたと推測される北条氏邸跡(円成寺跡)もあるが、発掘調査が続けられ残念ながら見学は不可。寺宝の不動明王と二童子像(矜羯羅童子・制咤迦童子)・毘沙門天像が、その胎内銘札によって運慶の真作と判明しているが、胎内銘札には、「1186年(文治2年)、北条時政の発願で、運慶が作り始めた」とあるから寺の創建以前から仏像制作が始まったことになる。願成就院が北条氏の氏寺だったという証だろう。境内には北条時政の墓もある。伊豆韮山一帯を領有した北条時政は頼朝の監視役だったが、京警護の大番役を任じられていたため、伊豆には不在がちだった。その隙を突いて、頼朝・政子のロマンスは始まる。この寺も2人の愛に関係しているのだろうか。寺の東側には鎌倉街道も通っている。【北条政子】【源頼朝】【寺社】
問合わせ・連絡先
願成就院大御堂
電 話:055-949-7676