家康公鎧掛松

三方ヶ原の合戦から帰還時に鎧を掛けた松/いえやすこうよろいかけのまつ
開催場所:
家康公鎧掛松
430-0946 静岡県浜松市中区元城町103-2
駐車場:
55台(浜松城公園駐車場)
駐車場料金:
無料(8:30~21:00、月1~2回1
駐車場マップ:
アクセス(車):
東名高速道路浜松ICから19分
アクセス(電車):
JR浜松駅バスターミナルから遠鉄バスで5分、市役所南下車、徒歩すぐ。または、遠州鉄道鉄道線遠州病院駅から徒歩11分
営業時間:
見学自由
TEL:
053-452-1634
1572(元亀3)年、徳川家康は三方ヶ原の合戦から命からがら浜松城へと逃げ帰る。城内にあったきな松の木陰で休み、鎧を脱いで松に掛けたことから鎧掛け松と呼ばれている。初代は浜松城榎門横の包丁堀脇にあったが、昭和7年の暴風雨で倒壊。現在の松は平成4年に元城町の人々の手によって植樹された3代目となる。【徳川家康】

問合わせ・連絡先
浜松市観光インフォメーションセンター
電 話:053-452-1634