清水屋

名物は「街道一の小饅頭」/しみずや
開催場所:
清水屋
427-0022 静岡県島田市本通2-5-5
駐車場:
5台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
新東名高速道路島田金谷ICから約7km(18分)
営業時間:
8:30~19:00
休業日:
無休
TEL:
0547-37-2542
FAX:
0547-36-3601
詳細情報:
http://www.komanjyuu.jp/
島田宿は大井川の川留めで栄えた宿場。その宿場名物が清水屋の「小饅頭」。菓子屋を営む清水屋5代目の伝左衛門は、1722(享保7)年頃、川留めで島田宿に留まっていた紀州浪人の置塩露庵(おしおろあん)と知り合い、甘酒皮の饅頭づくりの秘法を伝授される。それまでの薬饅頭にかえて酒素饅頭を創作して街道の名物となったのだ。時は経て、偶然、参勤交代の松平不眛公の目にとまる。松江藩主の不眛公は、茶人としても名高く和菓子にも造詣が深かったのだ。不眛公の助言を受けて1寸(約3cm)にしたところ、その米麹を使ってふっくらと仕上げた生地とともに「街道一の小饅頭」と評判になったという。酒種(麹)は今も自家製だ。『島田帯まつり』行列の中にいる大奴(やっこ)に因んだ黒大奴(くろやっこ)は、こしあんを羊羹でくるんだ和菓子。こちらも80年以上の歴史を誇っている。【和菓子】【街道】【土産】

問合わせ・連絡先
清水屋
電 話:0547-37-2542