伊豆・三津シーパラダイス

入り江でのびのび暮らす海獣がいっぱい/いずみとしーぱらだいす
開催場所:
伊豆・三津シーパラダイス
410-0295 静岡県沼津市内浦長浜3-1
駐車場:
430台/正面玄関横に立体駐車場
駐車場料金:
1回500円
駐車場マップ:
アクセス(車):
東名高速道路沼津ICから国道136号・伊豆中央道路経由、約25km
アクセス(電車):
伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅からタクシーで15分
営業時間:
9:00~17:00(入館は16:00まで)
休業日:
無休
料金:
大人1960円、4歳~中学生980円
TEL:
055-943-2331
FAX:
055-943-2336
詳細情報:
http://www.izuhakone.co.jp/seapara/
伊豆箱根鉄道が運営する沼津市の三津浜にある水族館。魚類、ほ乳類、鳥類など約350種4000匹が飼育される水族館。駿河湾に棲息するさかなを中心に300種3000匹が飼育される「さかなの国」やアシカ、トド、カマイルカなどのショーが行なわれる「ショースタジアム」、バンドウイルカのショーが楽しめる「イルカの海ショーステージ」など見応え満点。自然の入り江を利用した「オットセイの海」では、愛らしいゴマフアザラシの姿の見られ、「自然飼育場のお食事タイム」が人気。「バンドウイルカにお魚をあげよう!」はイルカの海にいるバンドウイルカに給餌するイベント。同様に「アシカにお魚をあげよう!」も用意されている。ボートに乗ってイルカの海にいるイルカたちに会いに行く「ドキドキイルカウォッチング」は、各回4名定員の狭き門。8kgオーバーの「ブリ」を狙って釣りをする「巨大魚釣りに挑戦II」も人気だ。お腹がすいたら、海を眺めながら食事ができる「レストランかもめ」へ。500席が用意されているが窓際の席なら晴れた日には富士山を眺望する。釜揚げしらす丼、ねぎとろ丼など伊豆らしいメニューも用意されている。ちなみに伊豆・三津シーパラダイスの前身は昭和5年オープンの中之島水族館で、日本で初めてハンドウイルカの飼育を開始した水族館だ。その後、ジンベエザメやミンククジラの飼育など世界的にも先駆的な実績を残し、昭和52年に伊豆・三津シーパラダイスになった後もセイウチやラッコの飼育も日本で最初に手がけている。現在も国際水産資源研究所の委託を受け、キタオットセイの飼育をしている。【水族館】【日本一】

問合わせ・連絡先
伊豆・三津シーパラダイス
電 話:055-943-2331