熱川バナナワニ園

飼育するワニの種類は世界一/あたがわばななわにえん
開催場所:
熱川バナナワニ園
413-0302 静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本975-9
駐車場:
150台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
西湘バイパス石橋ICから真鶴道路、熱海ビーチライン経由17kmで熱海サンビーチ。さらに国道135号を48km走った熱川温泉で看板にそって右折、すぐ
アクセス(電車):
伊豆急行伊豆熱川駅から徒歩1分
営業時間:
8:30~17:00(入園は16:30まで)
休業日:
無休
料金:
大人1500円、4歳~中学生750円、3歳以下無料
TEL:
0557-23-1105
FAX:
0557-23-0866
詳細情報:
http://www.i-younet.ne.jp/~wanien/index1.htm
熱川温泉の温泉熱を利用し、熱帯の動植物を飼育、栽培する動植物園。本園・ワニ園、本園・植物園、分園の3園に分かれ、伊豆熱川駅のすぐそばにある本園と500mほど離れた場所に分園があり、無料のバスが頻繁に運行されている。本園のいちばんの見どころはワニ園。絶滅の危機に瀕している貴重な世界のワニのうち17種類(亜種・交配種などを含む)のワニ、120頭を飼育している。種類の多いことでは世界でも類が無く、まさに世界一のワニのコレクション。インドガビアルなど珍しいワニも飼育されている。レッサーパンダの飼育頭数26頭も世界一だ。本園・植物園で飼育の「アマゾンの人魚」といわれるアマゾンマナティも日本では唯一。また、8棟の温室があり、世界各国から収集された、シダ、食虫植物、原種のラン、カトレア、オオオニバスなどの熱帯植物を栽培。熱帯性スイレンは、いつでも60種類以上の花を楽しむことができる。バナナやパパイヤなど馴染みの深いトロピカルフルーツから、ミラクルフルーツ、バンレイシ、ジャボチカバなどの珍しい果物、バニラ、ハルウコンなどの香辛料、薬草なども栽培されている。フラミンゴなどが放し飼いにされた放鳥ゲージもあり、南国ムードも満点だ。本園入口のジューススタンドで販売のバナナソフトクリームは、ソフトサーブミックスバニラ、シェイクシロップバナナなどを調合した、完全オリジナル版で隠れたヒット商品。入園しなくてもバナナソフトだけ購入も可能だ。【日本一】【動物園】【植物園】
問合わせ・連絡先
熱川バナナワニ園
電 話:0557-23-1105