法多山尊永寺

参道の名物は「厄除けだんご」/はったさんそんえいじ
開催場所:
法多山尊永寺
437-0032 静岡県袋井市豊沢2777
駐車場:
1300台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
東名高速道路袋井ICから県道61号を1.5km走った川井交差点を左折、1km先の永楽町交差点を右折、県道275号で袋井駅前へ1km。さらに県道251号を5km走った先が法多山入口
アクセス(電車):
JR袋井駅から遠鉄バス法多山行きで15分、終点下車、徒歩10分
営業時間:
拝観自由、だんご茶屋8:00~16:30(販売は17:00まで)
休業日:
だんご茶屋は不定休
料金:
厄除だんご200円(お茶付)、みやげ用6カサ入り600円
TEL:
0538-43-3601
詳細情報:
http://www.hattasan.or.jp/
遠州三山(油山寺、秋葉総本殿可睡斎、法多山尊永寺)のひとつで、寺伝によれば725(神亀2)年、聖武天皇の命により行基上人が開山したという、真言宗の古刹。今川家、豊臣秀吉、徳川将軍家などの武将の信仰も厚く、江戸時代には、東海道を行き来する旅人が参拝のために足をのばしたという。本堂は、江戸後期に焼失し、昭和58年に再建されたもの。ご利益は厄除け開運で、正月の初詣には東海一円の人々が訪れる。桜の名所としても有名だ。本尊は聖観音は、厄除け観音として知られ、参道沿いでは、名物の厄除けだんごが売られている。1640(寛永17)年建立の仁王門は桃山時代の遺風も残し国の重要文化財となっている。7月10日は、四万六千日と呼ばれ、4万6000回参拝するのと同じ功徳を得られるという功徳日。宝珠鈴、三鈷鈴、塔鈴、独鈷鈴、五鈷鈴の金銅五種鈴は、国の重要文化財(東京国立博物館に寄託)。【寺社】【パワースポット】《徳川家康》《豊臣秀吉》
問合わせ・連絡先
法多山尊永寺
電 話:0538-43-3601