清水邸庭園

ツワブキが咲く江戸中期の名園/しみずていていえん
開催場所:
清水邸庭園
437-1304 静岡県掛川市西大渕5298-2
駐車場:
15台(横須賀城公園駐車場)
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
東名高速道路袋井ICから20分、掛川ICから20分、菊川ICから30分
アクセス(電車):
JR袋井駅から静鉄ジャストライン(大東支所・横須賀車庫前行き)で22分、新横須賀下車、徒歩5分
営業時間:
10:00~16:00(湧水亭への入館は15:30まで)
休業日:
木曜(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日休
料金:
入園無料、湧水亭(抹茶もしくは煎茶、菓子付)大人510円、中学生以下250円
TEL:
0537-48-6456
江戸時代回船業を営み、藩の御用達を務めるほど繁栄した清水家。その清水家の回遊式庭園を再現したのが、清水邸庭園。湧水を取り入れた池を中心とした庭園は、江戸中期の名園といわれており、秋から初冬にかけては、ツワブキの開花など、四季折々の表情を見せる。また園内にある数寄屋造りの「湧水亭」では、お茶をいただくこともできる。菓子付の抹茶または煎茶で、一服510円。正座が苦手な人のために立礼席の用意もある。清水八十郎は、伊勢国一身田(三重県津市)の出身。元禄年間の頃より、江戸から横須賀湊にやって来た豪商・来家多七に仕えて横須賀藩の御用商人・廻船問屋として発展した。菩提寺は正覚寺だが、その本山である専修寺も津の一身田にある。【庭園】
問合わせ・連絡先
清水邸庭園
電 話:0537-48-6456