沼津御用邸記念公園

明治の雰囲気を伝える旧御用邸/ぬまづごようていきねんこうえん
開催場所:
沼津御用邸記念公園
410-0822 静岡県沼津市下香貫島郷2802-1
駐車場:
120台
駐車場料金:
2時間まで300円
駐車場マップ:
アクセス(車):
東名高速道路沼津ICから県道83号(通称グルメ街道)を沼津市街方面へ3km走った上石田交差点から国道414号に入り、6km走った右手が沼津御用邸記念公園
アクセス(電車):
JR沼津駅から東海バス三津方面行き・伊豆箱根バス長岡行きで10分、御用邸下車、徒歩2分
営業時間:
9:00~16:30
休業日:
年末年始休
料金:
入園料大人100円、小・中学生50円、西附属邸観覧料大人400円、小・中学生200円
TEL:
055-931-0005
FAX:
055-933-3614
詳細情報:
http://www.numazu-goyotei.com/
明治26年、当時皇太子だった大正天皇の御静養別御殿として造営。楊原村と呼ばれる小さな漁村は、気候が温暖で、前面に駿河湾、背後に富士山という風光明美な地だったことから陸軍大臣・大山巌、海軍大臣・川村純義、文部大臣・大木喬任、陸海軍大臣・西郷従道の別荘も建てられていた。明治22年には東海道線も開通し、御用邸建設の条件が整った。沼津御用邸は明治、大正、昭和天皇と3代にわたってご利用になったが、現在は記念公園として整備され、園内の主要な施設、西附属邸御殿も内部を一般公開。襖や床の間のある和室にカーペットを敷き、猫足の椅子を入れた謁見所などが、明治の雰囲気を伝えている。また皇族方のお印が入った「レースひざかけ」など、オリジナルグッズを販売する売店や、御用邸そば処、厩舎として使用されていた建物を改修した喫茶「主馬(しゅめ)」 、沼津市歴史民俗資料館などがある。駿河湾沿いに富士山展望台があり、晴天時には富士山を一望にする。【日本の歴史公園100選】【建築】【富士山】
問合わせ・連絡先
沼津御用邸記念公園
電 話:055-931-0005