中山晋平記念館

流行歌、童謡を手がけた大衆音楽の作曲家/なかやましんぺいきねんかん
開催場所:
中山晋平記念館
413-0032 静岡県熱海市梅園町8-1
駐車場:
20台
駐車場料金:
無料(梅まつり期間中は臨時駐車場も用意さ
駐車場マップ:
アクセス(車):
西湘バイパス石橋ICから真鶴道路、熱海ビーチライン経由17kmで熱海サンビーチ。さらに700m走った中央町交差点を右折し県道11号(熱海函南線)へ。県道を道なりに2km走った先が熱海梅園
アクセス(電車):
JR熱海駅から伊豆箱根バス梅園・相の原団地方面行きで10分澤田記念館下車。JR熱海駅からタクシー約8分。JR来宮駅から徒歩約10分
営業時間:
10:00~15:30(梅まつり期間中は16:00まで)
休業日:
木曜、12月28日~1月4日休、梅まつり期間は無休
料金:
無料(梅まつり期間中は梅園の入園料大人300円が必要)
TEL:
0557-85-1933
作曲家、中山晋平の記念館。中山晋平は、大正から昭和初期にかけて大衆音楽の普及に貢献し、『シャボン玉』や、『てるてる坊主』、『背くらべ』、『あめふり』、『証城寺の狸囃子』、『肩たたき』などの童謡、『東京音頭』、『船頭小唄』、『ゴンドラの唄』、『東京行進曲』、『波浮の港』などの流行歌・新民謡と多くの作品を残した。中山晋平は昭和19年、第二次世界大戦の空襲などの激化により、東京都中野区から熱海に疎開。昭和27年に没するまで熱海に居住した。記念館は、中山晋平が晩年を過ごした熱海市西山の別荘を、熱海梅園の敷地内に移築、復元したもの。当時のまま保存され、愛用のピアノ、レコードや楽譜、遺品などが展示公開されている。【ミュージアム】

問合わせ・連絡先

電 話:0557-85-1933