音止の滝

音止め伝説が残る豪快な滝/おとどめのたき
開催場所:
音止の滝
418-0105 静岡県富士宮市原
駐車場:
100台(市営白糸の滝駐車場)
駐車場料金:
1回500円
駐車場マップ:
アクセス(車):
新東名高速道路新富士ICから約17.1km(23分)。または、東名高速道路富士ICから約19.2km(25分)
アクセス(電車):
JR富士宮駅から富士急静岡バス白糸の滝行きで30分、終点下車、徒歩15分。またはJR新富士駅から富士急行バス快速・特急富士急ハイランド・富士山五合目行きで58分、白糸滝入口下車、徒歩15分
TEL:
0544-27-5240
国道139号近くにあり、源頼朝の富士の巻狩りの際に曽我兄弟(曾我祐成・時致)が工藤祐経の仇討ちを密談。滝の音が消えるように念じたら、その音がみごとに止まった、という伝説が残されている。すさまじい轟音とともに、勢いよく流れ落ちるさまに、体までゆさぶられてしまうほどだ。白糸の滝の滝壺近くの橋を渡った階段の上に、展望所がある。また国道139号沿いには、曾我兄弟が工藤祐経を討つ時に隠れていたという言い伝えが残る曽我の隠れ岩もある。白糸の滝とともに「日本の滝百選」に選定。【日本の滝百選】《源頼朝》

問合わせ・連絡先
富士宮市観光協会
電 話:0544-27-5240