御前埼灯台

御前崎ナンバーワンの眺望が得られる/おまえざきとうだい
開催場所:
御前埼灯台
421-0601 静岡県御前崎市御前崎1581
駐車場:
80台/海岸道路沿いの駐車場から階段を利用
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
東名高速道路相良牧之原ICから国道473号(相良バイパス)を相良方面へ11km走った波津交差点を右折、国道150号を5km走った地頭方交差点から6kmで灯台下
アクセス(電車):
JR静岡駅から静鉄バス特急御前崎サンホテル行きで1時間31分、灯台入口下車、徒歩5分
営業時間:
9:00~16:00
休業日:
荒天時を除き無休
料金:
大人200円、小人無料
TEL:
0548-63-2550
駿河湾と遠州灘を二分する岬先端の高台に建つのが御前埼灯台。黒潮と駿河湾の潮流が、激しくぶつかり合う沖合いは昔から海の難所として恐れられてきた。1635(寛永12)年に見尾火(みおび)灯明台を置いたのが前身。油を染み込ませた障子で囲んだ中に灯火を置いたものだが、藩政時代には御前崎沖がすでに重要な航路であり、海の難所だったことがわかる。明治4年4月8日、旧幕府が建造した軍艦が、 灯明台沖合いのセイゴ根に座礁した事件が起こり、これを機に明治政府は灯明台を八角形のガラス張りに改装。翌明治5年にイギリス人技師、リチャード・ヘンリー・ブラントンの設計・指導の元で様式灯台の建設が始まり、明治7年5月1日に初点灯した。灯火の回転式一等レンズは日本初のもの。またレンガ造りの灯台として参観できる日本最古の灯台でもある。現在でも基本的な構造は当時のままで、内部の見学も可能だ(参観灯台)。灯火部分まで上れば、海抜54m、御前崎ナンバーワンの眺望が得られる。昭和32年に封切られた映画『喜びも悲しみも幾歳月』(松竹映画・木下恵介監督、佐田啓二・高峰秀子主演)のロケ地にもなっている。TVアニメ『大空魔竜ガイキング』(フジテレビ系昭和51年~昭和52年放送)では、大空魔竜戦隊の秘密基地となったのが灯台一帯。【灯台】【ロケ地】【日本一】【日本の灯台50選】
問合わせ・連絡先
燈光会御前崎支所
電 話:0548-63-2550