能満寺

大ソテツが茂る臨済宗の古刹/のうまんじ
開催場所:
能満寺
421-0303 静岡県榛原郡吉田町片岡2517-1
駐車場:
50台(町営駐車場/能満寺門前・小山城売店横)
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
東名高速道路吉田ICから県道34号(島田吉田線)を吉田市街方面に2kmで能満寺
アクセス(電車):
JR藤枝駅南口から静鉄バス相良営業所行きで30分、吉田高校下車、徒歩10分
営業時間:
境内自由
TEL:
0548-32-1555
1262(弘長2)年創建の臨済宗妙心寺派の古刹。元寇の役が起こると勅願寺として官寺に列せられた名刹で、地元では知恵の仏様として有名。山門は1617(元和3)年築と古い。石畳の道を歩くと、1688(元禄1)年の再建で入母屋造りの本堂がある。この本堂に覆い被さるように茂っているのが、大阪府堺市の妙国寺、静岡市清水区の龍華寺のソテツとともに「日本三大ソテツ」に数えられる大ソテツ。高さ6m、主幹の根回り4.5m、枝数約90という大木で、樹齢は推定1000年。国の天然記念物。平安時代の陰陽師・安倍晴明が中国から持ち帰ったと伝えられ、徳川家康に所望され、駿府城に移したところ「寺へ帰りたい」と夜ごとに泣くため、元に戻されたとか(「遠州七不思議」の一つ)。江戸時代後期のガイドブックである『遠江古蹟図絵』にも東海道を参勤交代途中の諸大名が見学に訪れることが記されている。【寺社】【日本三大】【徳川家康】
問合わせ・連絡先
能満寺
電 話:0548-32-1555