静岡市立登呂博物館

弥生人の生活を体験しよう/しずおかしりつとろはくぶつかん
開催場所:
静岡市立登呂博物館
422-8033 静岡県静岡市駿河区登呂5-10-5
駐車場:
60台
駐車場料金:
1回400円
駐車場マップ:
アクセス(車):
東名高速道路静岡ICから県道84号(インター通)を静岡駅方面へ0.5km走った中野新田交差点を右折、南中央通を1.5km走った石田交差点を右折し石田街道へ。1km先の東名高速高架手前を左折(東名高速ガード下に標示あり)、0.5km先が駐車場
アクセス(電車):
JR静岡駅から静鉄バス登呂遺跡行きで20分、終点下車、すぐ
営業時間:
9:00~16:30
休業日:
月曜、祝日の翌日、年末年始休
料金:
大人200円、中学生以下50円(特別展は別料金)
TEL:
054-285-0476
FAX:
054-287-1466
詳細情報:
http://www.shizuoka-toromuseum.jp/
登呂遺跡の一角にある、遺跡博物館。登呂遺跡出土資料を中心に縄文時代から弥生時代、近代に至るまでの農業や生活の様子を伝える資料を展示している。1階の「弥生体験展示室」では、見学者自身が弥生時代の人々の一年間の生活を疑似体験できる。出土した石器や土器などのレプリカを使って、実際に米つきなどを体験でき、面白い。展示室全体が弥生時代の「登呂のむら」という設定。入館者は「むらびと」になって弥生時代を体験する参加体験ミュージアムだ。今ではこのスタイルも多くなったがここはその先駆け的な存在だ。「杉の木をけずってみよう」、「田下駄をはいてみよう」、「米つきを体験しよう」(臼による精米の体験)などという様々な生活シーンを疑似体験できる。2階の常設展示室では、登呂遺跡から出土した土器や石器を中心に展示。「登呂ムラと稲作」と「登呂遺跡の記憶(登呂遺跡の歴史)」を詳細に解説。ミュージアムショップも併設。【ミュージアム】【古代史】【弥生】

問合わせ・連絡先
静岡市立登呂博物館
電 話:054-285-0476