梅蔭禅寺

清水次郎長の墓が残る臨済宗の古刹/ばいいんぜんじ
開催場所:
梅蔭禅寺
424-0932 静岡県静岡市清水区南岡町3-8
駐車場:
20台
駐車場料金:
無料
駐車場マップ:
アクセス(車):
東名高速道路清水ICから国道1号(静清バイパス)を0.5km走った庵原交差点を右折、県道338号を1km走り、袖師交差点を右折し国道1号を静岡方面に1.5km走った小芝交差点を左折、1.5km先の右手が参道入口
アクセス(電車):
JR清水駅から、静鉄バス久能山下・三保方面行きで10分、梅蔭寺下車、徒歩2分
営業時間:
9:00~16:00
休業日:
無休
料金:
大人300円、小・中学生150円(次郎長資料館を含む)
TEL:
054-352-0995
FAX:
054-351-0335
「海道一の大親分」として知られた、清水次郎長の墓が残る臨済宗の寺。明治26年、74歳で没した次郎長は、清水港の整備や、富士の裾野の開墾をはじめ、英語塾の開設など社会事業に功績を残した。境内には、次郎長の銅像や、大政、小政の墓もある。また、次郎長ゆかりの品々を展示した資料館では、実際に次郎長が使用した大縄銃や喧嘩頭巾、黒駒の勝蔵から贈られた水晶玉、お守りの毘沙門天道中差、さらに晩年の次郎長が多くのことを学んだという、山岡鉄舟作の書画も残る。【寺社】【パワースポット】
問合わせ・連絡先
梅蔭禅寺
電 話:054-352-0995